JagariCoinR(JAGAR)が上場したBiteBTCとは

BiteBTC

 

2018年4月26日、JagariCoinR(JAGAR)BiteBTCに上場しました。

BiteBTC https://bitebtc.com/

2018年4月21日のGRAVIEXに続く上場ですね。

ジャガリコインRは2018年4月15日に誕生したばかりですが、矢継ぎ早に上場を決めているようです。

まだ発行されている通貨自体が少ないため、取引所の分散で取引量が心配な気もしますね。

今後の盛り上がりを期待しつつ、今回はBiteBtCについて調べてみたので、分かったことを書いていきたいと思います。

BiteBTCとは

BiteBTCですが、ジャガリコインRが上場したとアナウンスされるまで、存在を全く知りませんでした(いつものこと)。

知らなくて当然なはずで、2018年1月20日にできたばかりの仮想通貨取引所のようです。

BiteBTCで売買開始

アナウンスにありますが、仮想通貨だけではなく、クレジットカードィアット(現金)でも入金できる取引所なんですね。

実際、フィアットを受け入れられることはBiteBTC自体も「特徴」として記載していました。

BiteBTCの特徴

BiteBTCのWebサイトに書かれているのは、下記のとおりです。

BiteBTCの特徴
  • SWIFTによる世界中からの送金
  • 法令に基づくKYC(本人確認)の実施
  • 全自動取引のためのAPI
  • 充実したトレード

 

SWFTですが、口座を開設した金融機関がSWIFT加盟していて、その海外送金を利用してフィアットを受け入れているんでしょう。

着金までに日数がかかるSWIFTの送金を使う人はいないと思いますが、ちゃんとした金融機関と取引があることはうかがえます。

 

あと、注目すべきは本人確認(KYC)ですが、実際にBiteBTCで口座開設を試みてみたので、この後に書いてみたいと思います。

結論から言うと、海外の大手取引所並みにきちんとやっています。

取引所の運営者

BiteBTCの運営者ですが、シンガポールの会社であるということ以外は詳しく分かりませんでした。

サイトのフッターに FINANCEFIRST PTE. LTD.という会社名と UEN 201706635G という登録番号のようなものがあり、検索すると2017年3月に登記された有限責任株式会社がヒットしました。

これは間違いなさそうなので、何かあったら行けばいいと思います。

仮想通貨取引所

それでは、仮想通貨取引所としてのBiteBTCを見ていきましょう。

取扱通貨

4月27日現在、BiteBTCが取り扱っているのは24通貨36通貨ペアです。

聞いたことのない草コインだらけというわけでもなく、コインチェック銘柄と呼ばれるようなメジャー通貨も取り扱っていますね。

  • BTC
  • ETH
  • DASH
  • LTC
  • ZEC
  • BCH

後発の新興取引所は、差別化のために草コインの上場オンパレードに走るイメージですが、入金しやすいようにBTC以外のメジャー通貨を用意しているのかも知れません。

その一方で、ジャガリコインR のような誕生したばかりの草を上場させているので、どういう基準なのか分かりませんね。

入金手段

特徴にSWIFTを挙げていた入金手段ですが、それ以外にも充実しているようです。

BiteBTcへの入金方法

Alipay は中国人向けのような感じですが、OK PAYは日本人でも海外FXでの入出金やビットコイン決済に使っている人がいるかも知れませんね。

VISA / Masterのクレジットカードへは出金できないのと、SWIFTでフィアットを受け取るときは、銀行によっては手間がかかるので注意が必要です。

入金手段と出金

引出手数料も2%~という感じで高いので、基本は仮想通貨での入出金にした方が良さそうですね。

KYC(本人確認)

ここがBiteBTCを信用できそうな一つの要素であり、利用者としては単純に面倒なところでもあります。

メールアドレスだけで送金も取引もできるような取引所と違い、BiteBTCはKYC(Know Your Customer / 本人確認)を求めてきます。

アカウント作成はメールアドレスのみ

まずはメールアドレスだけでアカウントを作れますが、その後の入金・トレードはKYCを完了させておく必要があります。

本人確認書類のアップロードが必要

このようなことが書かれています。

  • パスポートや運転免許証などの公的書類の表裏をスキャンまたは撮影してください。書類の四隅が見えるようにしてください。
  • 銀行やクレジットカードの明細書、6か月以内に発行された公共料金(水道料金、電気料金、電話料金)の請求書。あなたのフルネームと住所と発行日がはっきりと確認でき、書類の四隅が見えるようにしてください。

 

法整備された日本の取引所は当然で、大手海外取引所でも当たり前の話ですが、それと同等のことをBiteBTCはやっているわけですね。

ただ、利用者からすると個人情報を渡すことになるので、この点は気になる人もいると思います。

その点はBiteBTC側も分かっているようで、セキュリティに関してはサイト上で手厚く説明をしているようです。

 

ちなみに、私は公共料金などの請求書が手元になく、まだ口座開設できていません…。

今どき紙なんてないですよね。

ジャガリコインRの上場

2018年4月26日、ジャガリコインR(JAGAR)がBiteBTCに上場しました。

BiteBTCからJAGAR上場のお知らせ

5ちゃんねるを見ると、JAGARの開発者にも上場するという連絡がなかったとか…?

 

JagariCoinRの開発者は早期の上場を方々に働きかけていたので、BiteBTCにもリクエストを出していたのでしょう。

ちょうどBiteBTCでも4月から「上場手数料無料」のキャンペーンを行っていたようです。

無料で上場できるプログラム

通常の上場リクエストではBTCによる支払いが必要のようです。

通常の上場リクエスト

ジャガリコインRはラッキーでしたね。

BiteBTCは信用して使えるのか

社歴は2017年3月~かつ取引所は2018年1月にできたばかりですが、ここまでの情報からすると、事業実績のあったGRAVIO(GRAVIEX)と並ぶ信用度ではないでしょうか(実態が分からないような取引所対比)。

JagariCoinRが上場したGRAVIEXとは

2018.04.23

法令順守のために本人確認をきちんと行っていますが、取引所からすると利用者を増やす妨げにしかならず、ここまでやっておいてスキャムということはないでしょう。

が、現地の法令を順守するということは、日本から非居住者が取引し続けられるのか、今後の法整備によってどうなるか分からない不確定要素にもなると思います。

多額の資金を投じたり、資産を預けっぱなしにせず、使うときにワンポイントで使うのが良いと思います。

 

JagariCoinRはCPUマイニングでも手に入れることができるので、興味がある方はぜひ挑戦してみてください。

JagariCoinR(JAGAR)をプールマイニングする方法

2018.04.19

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がBiteBTCの利用を検討する際の参考になれば幸いです。




BiteBTC