CoinPotの仮想通貨同士の交換レートを検証した結果

CoinPot(コインポット)

損をしないためにも、この記事はCoinPot(コインポット)を利用している方(ようするにMoon Bitcoinなどのフォーセット利用者)は必見です。

まだ仮想通貨を無料でもらえる海外フォーセットを使っていない人は、まずはCoinPotに対応しているフォーセットへの登録(全て無料)から始めてみてください。

無料で仮想通貨を手に入れる方法(海外フォーセット / Faucet)

2018.02.25

 

では、時間のない方のために、先に結論から書いておきますね。

  1. CoinPotでConvert(他の通貨に変換)するのは止めましょう
  2. 貯めた通貨のまま取引所に引き出して、海外取引所で別の通貨にしましょう

 

察しのいい方は薄々気付いていると思いますが、CoinPotの “Convert Rate(仮想通貨同士の交換レート)” が想像以上に悪かったというのが理由です。

今回は、CoinPotの Convert について詳しく調べてみたので、そのデータと対策について書いてみたいと思います。

CoinPotのConvertとは

CoinPot では、Moon Bitcoin などのフォーセット(Faucet)でもらった仮想通貨を、CoinPotで取り扱っている他の仮想通貨にコンバート(変換)することができます。

 

現在、取り扱いのある通貨は以下の5種類です。

CoinPot オリジナルの CoinPot Token にも交換できますが、まだ用途も Lottery くらいなのでCoinPot Tokenに交換することはないでしょう。意味がありません。

Convert の手数料は無料(と書いてあります)

実際、CoinPotでConvertする際のポップアップには「Convertの手数料は無料」と書かれています。

CoinPotのConvert画面

ビットコインに交換できるポイントサイトの記事 でも何度か書いていますが、基本的に仮想通貨の「交換手数料無料」は全て眉唾です。

結局、市場実勢レートと交換レートにスプレッド(差)があって、実質的な手数料になっているという話ですね。

CoinPotのConvertにかかる実質的な手数料

それでは、実際にCoinPotのConvertにはどれくらいのスプレッドが存在するのか、はたまた存在せず本当に無料なのかを確認してみたいと思います。

 

今回、Coinhills(コインヒルズ)というBTC以外の仮想通貨のクロスレートを表示しているサイトから実勢レートを拾っています。

最近ではBCH基軸の取引所が出てきたりしていますが、まだまだBTC基軸ばかりなので、特定の取引所だけのレートだとクロス通貨のレート自体が存在しないというのが理由です(例えば、LTC/DASHなんて見たことないですよね)。

Coinhillsのマーケットレート

 

下のデータは2018年7月20日14時現在もので、左列の通貨をそれぞれの通貨に交換する際のレートを並べています。

CoinPortとCoinhillsの交換レート比較

あまり細かく見る必要はありませんが、パッと見ただけでもCoinPotとCoinhillsのレートに乖離があるのが分かりますね。

 

CoinPotで提示されたレートからの乖離率が以下の表で、この数値が大きいほど「CoinPotが市場平均レートよりも悪いレートを提示している(CoinPotの儲け)」ということです。

交換レートの差分(実質手数料)

DASHへの交換レートが異常値のように総じて高いですが、BTC-BCHだけを見ても平均2.9%の乖離があるようです。

ちなみに、最も乖離しているDOGE/DASHを例にすると、CoinPotでDOGEをDASHにコンバートすると、取引所で売買するよりも17.71%も損をするということです。

知らないって怖いですね。

 

coincheckがアルトコインの「販売所」で暴利を貪っていた例からすると、このConvertはCoinPotの収益柱になっている可能性がありそうです(coincheckの平均スプレッドは3%程度でした)。

Faucetで無料でもらったコインですし、みんなコストを意識せず、欲しい通貨にConvertしているのではないかと思います。そして、知らないうちにをしている、、、ということです。

実際、私もCoinPotでConvertしていましたし、記事でもそれをオススメしていました。反省です。

まとめ(Convertは海外取引所で)

せっかく手間暇・時間をかけてフォーセットで貯めた仮想通貨なのに、Convertの見えないコストでCoinPotに取られてしまうのは惜しいですよね。

というわけで、冒頭の結論に戻ります。

  1. CoinPotでConvertするのは止めましょう
  2. 貯めた通貨のまま取引所に引き出して、海外取引所で別の通貨にしましょう

 

少し注意が必要なのが2で、あくまでも引き出し先は海外取引所がオススメです(むしろ必須でしょう)。

DOGEは日本の取引所で取り扱いがなく、DASHはcoincheckで取り扱い終了しているということもありますが、そもそもBTC・BCH・LTCも日本の取引所では売買手数料が高いです。

海外取引所の手数料であれば、Binanceで最大0.1%、Bittrexで最大0.25%なので、日本の取引所に比べて非常に安価で済みます。

あとは、その海外取引所でBTCなりにして、国内取引所に出金してください。ただし、その際の出金手数料にだけは気を付けてください。

せっかく手数料のコストまで考えて海外取引所で好きな通貨に換えたのに、出金手数料で持っていかれたら元も子もないですよね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がCoinPotを使う上での参考になれば幸いです。




CoinPot(コインポット)