JagariCoin(ジャガリコイン)をGPUマイニングする方法

JagariCoin(ジャガリコイン)の新しいTOPページ

 

(2018年4月20日追記)
こちらの記事はJagariCoin(JAGA)です。2018年4月16日にJagariCoinR(JAGAR)が誕生し、今後はジャガリコインRが主流になるそうです。

JagariCoinR(JAGAR)がGPUマイニングに対応しました

2018.04.30

 

2018年3月10日に誕生したJagariCoin(ジャガリコイン)ですが、コイン制作者さんが作ったプールで数時間だけマイニングした記事を少し前に書きました。

JagariCoin(ジャガリコイン)をマイニングしてみました

2018.03.19

なにやらマイニングプールの調子が悪かったそうで、その後すぐにメンテナンスに入っていたそうです。

そして本日、新たなドメインで再開されたのですが、ログインしてみたところ、なんと当時のマイニング報酬が入っていました!

初JAGAです!!

JAGAマイニング報酬

今のところ全く価値のないものですが、できたての通貨を手に入れられて少しうれしいです。

そこで、今回はジャガリコイン(JAGA)をGPUでマイニング方法を書いてみたいと思います(もちろん、初心者なので初心者向けです)。

ジャガリコインのアイコン

JagariCoin公式 http://www.jagaricoin.tk

ジャガリコインのマイニングの参考になれば幸いです。

まずは事前準備を忘れずに

いつもどおり、マイニングの前に下記の事前準備を済ませておきましょう。

  1. JAGAアドレス(ウォレット)の取得
    ウォレットは公式サイトTOPにリンクがあります。インストールしてください。
    JagariCoin公式
  2. マイニングプールへの登録
    私はJagariCoin制作者さんの公式マイニングプールを使っています。人いない。
    JagariCoin-OfficialPool https://official.jagaricoin-pool.tk/index.php

マイニングプールはMPOSなので、下記のKOTOのプールへの登録とほとんど同じです。

ZNYやKOTOのマイニングプール登録方法(MPOS方式)

2018.03.16

JagariCoinのGPUマイニングを始めましょう

といっても、そもそもライトコイン(Litecoin)のコピーなので、Scryptというアルゴリズムをccminerでマイニングするだけです。

今回、マイニングする環境は以下のとおりです。

  • OS:Windows10 64bit
  • GPU:NVIDIA Geforce GTX 1060 2枚

これまでは、Awesome Miner経由でNiceHashとZpoolとMining Pool Hub(MPH)を使っていたので、ccminerを直接使うのは初めてでした(Awesome Minerが起動させているのは知っていました)。

まずはccminerのダウンロード

色んなアルゴリズムに対応しているccminerだけあって、どのバージョンをダウンロードしてもScryptには対応しているので大丈夫です。

私は一番メジャーな下記をダウンロードしました。

https://github.com/tpruvot/ccminer/releases

Github ccminer

x86は32bit向けでx64は64bit向けですよ。いつも迷うので一応。

バッチファイル(.bat)を作成

ファイルの作り方

メモ帳やテキストエディタで新しいファイルを作って、拡張子を .bat にしてバッチファイルを用意します。

ジャガリコインのバッチファイル

名前は何でもいいです。

コマンドの書き方

作ったバッチファイルにccminerを起動させるためのコマンドを入力します。

下記は私が実際に使っているファイルの内容です(プールは冒頭の公式を使っています)。

青色の部分は人によって変える箇所で、それ以外はコピペで大丈夫です。

ccminer-x64.exe -a scrypt -d 0,1 -o stratum+tcp://official.jagaricoin-pool.tk:3299 -u ToshiyaHayashi.eX -p password

-d はGPUを複数使う場合、使用するGPUの番号を指定するものです。1つの場合は省略できます。

-u はマイニングプールに設定した「ユーザー名」「 . (ピリオド)」「ワーカー名」です。

-p はワーカー名に設定したパスワードです。パスワードは悪用も何もないので、基本的にpasswordで固定しています。

あとはバッチファイルを実行するだけ

ccminerを直接起動させても意味がないので、バッチファイルから起動させます。

私の場合、最初に “2分待て” と出るので、しばらく待っていたらマイニングが始まりました。

yes! が出たら成功です。

ccminerでのハッシュレート

難易度調整されていない状態でスタートするからか、ものすごい勢いで yes! yes! 言っています。

ちょっと気になっていること

いつも、GPUでマイニングするのと同時に、CPUでもBitZenyやKOTOをマイニングしているのですが、ccminerを起動するとCPUのハッシュレートが落ちます。

1割くらい落ちるので、ちょっと看過できない水準です。

Awesome MinerやNiceHashを使っていても変わらないのですが、何かCPUを使っているのでしょうか…。

最後に、、、すでに厳しい環境です

アルゴリズムがScryptということで、すでにASICが存在している世界です。

そのため、GPUで対抗するには厳しい環境だということを、事前に認識しいておかないといけないですね。

もちろん、まだ無価値であることも。

プール初日(3月19日)のハッシュレートは83万H/sでしたが、今は55万H/sに落ち着いているようです。

ジャガリコイン公式プール情報

 

ひとまず、付かず離れず1日単位くらいでマイニングをして、また結果を共有したいと思います。

話題沸騰のジャガリコインを23時間マイニングした結果

2018.03.24

 

 




JagariCoin(ジャガリコイン)の新しいTOPページ