CPUマイニングの熱対策(ノートPCの場合)

マイニングの熱対策

 

CPUマイニングしていると、CPUの搭載されている周辺パーツが熱くなって、内臓ファンが一生懸命に冷やそうと回転し始めますよね。

特に、吸気(エアフロー)が悪かったりしてCPUの温度が90度近くになると、ファンの回転スピードが一段上がる気がします。もはや悲鳴に近い音になるので不安になることも。

これは、さすがに「全く問題ない」ことはないにせよ、気にしなくても大丈夫なものなのでしょうか?

 

ネット上には熱対策についての情報が色々と出回っていますが、どれも仮想通貨のマイニングほどCPUを酷使する前提の情報ではありません。

酷使するとしても、せいぜいオンラインゲーム程度でしょう。

AMD製Ryzen

 

今回は、そんなCPUマイナーの誰もが悩む熱対策について、メーカーサイトを調べて分かったことや私が実際にやっていることをご紹介したいと思います。

私は技術者でも何でもないので、全ては自己責任で判断してください。また、端末・環境は人それぞれです。

 

前提となる環境

今回は熱対策がしにくいノートPC(ラップトップPC)を前提にしています。

下記が私の環境です。

  • OS:Windows10
  • Intel Core-i5 第7世代
  • Bitzeny・KOTOをminerdでマイニング
  • サードパーティー製のアプリで温度などを測定
  • 背面吸気(裏から吸って横に排気)

 

デスクトップPCはCPUのファンも大きいので、サイドパネルを開けてエアフローを考えてUSBファンや扇風機で送風しておけば大丈夫でしょう。

格段に熱の発生量が大きいグラフィックボードでも扇風機やサーキュレーターで横から風を当てれば大丈夫ですし、CPUの排熱なんて楽勝でしょう(適当ですが本気です)。

実際、風を当てていないRyzen7 1700(CPU)と、風を当てているNVIDIAのGTX(GPU)2枚を比べてみても、GPUの方が温度が+5度くらいです(風を止めると+10度はいってしまいます)。

CPUの熱対策

それでは、これから暑いシーズンを迎えるにあたって、心の準備をしておきましょう。普通に使っているだけでも、CPUが「熱い」と感じるくらいになる季節です。

熱対策は必要か

結論としては、「そこまで熱に敏感になり過ぎる必要ない」という話になりそうです。

ただし、温度はパフォーマンスにも影響するので、CPUを冷やすに越したことはないでしょう。

Intelの公式サイトでは

Intel の公式サイトでCPUについて調べてみましたが、「温度の耐熱範囲はプロセッサによって異なる」とのことでした。

インテル公式サイトFAQ

 

自分のプロセッサを調べる方法は、「”Windowsボタン”をクリック > “system”と入力して検索 > “システムアイコン”をクリック」で表示される画面に記載されています。

コントロールパネルにある「システム」の画面です。

自分のプロセッサの調べ方

 

上の画像で確認したところ、私の場合は「Intel Core i5-7200U」がプロセッサということです。

CPU別に上限温度を調べてみると

インテル公式サイトに書かれていた「技術マニュアル」というのは、下記のページで確認できます。CPUごとに耐熱温度の上限が記載されているものです。

インテル製品の仕様情報

 

先ほど確認した私のCPU(Intel Core i5-7200U)の技術仕様書を見てみましょう。

パッケージの仕様

 

このTjunctionというのが耐熱上限の温度らしいです。

Tjunction(耐熱の最大温度)

 

要するに、100度までは耐えられるということですね。ちなみに、私は90度まで上がっているのは見たことありますが、それ以上の温度になっているのを見たことはありません。

具体的な熱対策

それでは実際の熱対策について書いてみたい思います。

現実的なものから挑戦的なものまで、以下が実際に使い分けている方法です。

  1. ファンと吸気口を掃除する
  2. minerd(マイニングツール)で使うスレッド数を抑える
  3. 保冷剤で冷やす
  4. 吸気口の風通しを良くする
  5. 室温を下げる
  6. 気温が高い時間はマイニングを止める

 

1. ファンと吸気口を掃除する

ホコリでファンの冷却能力が落ちてしまうので、掃除は基本中の基本ですね。

ノートPCでもカバーを外せますが、吸気口を掃除機で上から吸うだけでも目に見える範囲はキレイになります。

2. minerdの使用スレッド数を抑える

マイニングに使用するスレッド数を落とすとハッシュレートは落ちますが、CPU使用率を下げれば発熱を抑えられます。

当然、これも効果が高いです(CPUを使わないというだけの話なので)。

 

使用するマイニングツールがminerdであれば、使用スレッド数を1つだけにする -t 1 が、スレッド数でコントロールできる最低限の温度になります。

minerd -a yescrypt -o strutum+tcp://bitzenypool.biz:19666 -t 1 -u username.workername -p password

 

赤字の部分がスレッド数の指定です。

3. 保冷剤で冷やす

「結露でショートする可能性がある」ということで賛否両論あるようですが、これは普通に問題ないと思っています。

保冷剤 アイスノン

 

というのも、本体内部で結露が発生するとしたら、CPU含むPC内部が急速に冷えて外気よりも低温になる場合です。PCが普通に駆動していたら起こりえない話ではないでしょうか。

マイニングしていなくても、CPUは常時30~40度になっています。普通に考えて、結露するほど外気よりも低温にはなることは考えられません。

冬場に起動していないPCを寒い部屋から暖かい部屋に移動させる方が、よほど結露する可能性高いですよね。これは理屈上も結露する可能性あると思います。

4. 吸気口の風通しを良くする

これはGPUと同じように、吸気口付近に「熱だまり」ができないようにするものです。

 

グラフィックボードでマイニングリグを組んでいる人が、グラボとグラボの間に熱だまりができないように、サーキュレーターで送風しているのと同じ話です。

  • 背面吸気の場合は、PC本体を少し浮かせる
  • 吸気口に熱だまりができないように送風する

 

これだけでも温度は下がること間違いありません。グラフィックボードの冷却では定番中の定番ですね。

Geforce GTX 1070

5. 室温を下げる

どれだけファン周りをキレイにして風通しを良くしても、室温が高いと冷却効果にも限界があります。

そのため、クーラーや外気で空気自体を下げてしまおうという話です。これもGPUマイニングでもよく提案されている方法ですね。

 

冬は外気だけで十分です。以前、国内最大手SIerのデータセンターのサーバールームに入ったことがあるのですが、寒さで震えるほどキンキンに冷えていました。

6. 気温が高い時間はマイニングを止める

最後の手段として、マイニングを止めてしまいましょう。

 

これも冗談ではなくて、小規模なGPUマイナーは夏場に止めることも珍しくありません。

冷房費が固定費として発生する場合、ある程度の規模がないと電気代で赤字になってしまうので、これはこれで合理的な選択だと言えるでしょう。

CPU側の熱対策

ちなみに、CPUには温度が高くなるとクロック数(パフォーマンス)を落とす機能が備えられています。

技術用語が多くて理解不足ですが、インテルの技術仕様書にも温度上昇でパフォーマンスを落とすという記載がありました。

強制シャットダウン

 

経験ある方は分かると思いますが、吸気口を塞いでいてファンの冷却がワークしていない場合、CPUの温度が上昇すると急にハッシュレートが落ちます。

私の場合、CPUが90度近くになると「 1.79 khash/s → 1.10 khash/s 」くらいまでハッシュレートが落ちます。ちゃんと制御が働いているということでしょう。

さらには、温度が閾値を超えるとシャットダウンするみたいです(これは経験ありません)。

結論

長々と書いてしまいましたが、冒頭の「そこまで熱に敏感になり過ぎる必要ない」という結論は変わりません。

  • フルパワーでCPUを使うときは保冷剤で冷却(溶けるの早い)
  • 保冷剤を使えないときは -t 1 くらいにしてCPU使用率を落とす

 

こんな感じで私はラップトップPCにマイニングしてもらっています。

 

GPU 2枚差しにしているデスクトップPCは、GPUにだけ送風して放置しています。

ちゃんとGPUはmsiのAfterburnerで温度は見ていて、それでCPUの温度も見ることはできます(ほとんど見ていないですが)。

MSI AFTERBURNER

 

また、GPUマイニングの適正温度と熱対策のTipsについても、海外サイトで見つけた結論めいたものを記事にしています。こちらも参考にしてみてください。海外フォーラムでは、GPUの適正温度はほぼ結論が出ています。

マイニングの熱対策

GPUマイニングしているグラフィックボードの最適温度とは

2018年5月28日

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が、少しでもノートPCで挑むマイニングの熱対策に役立てば幸いです。




マイニングの熱対策