reCAPTCHAの認証がうまくいかないときの対処法

Google reCAPTCHA

 

最近、GoogleのreCAPTCHA(リキャプチャ)による認証で何度もエラーになって、いつまでも目的を果たせないことはありませんか?

ちゃんとロボットではなく人間なんですけどね…。

Robotじゃないのに

 

私の場合、仮想通貨に関連するサイトで reCPATCHA のエラー地獄におちいっています。

そして、「別の認証を使う」か「一旦諦める」という事態に追い込まれていました。

サイトによっては認証に reCPATCHA しか用意していないため、エラーになってしまうとログインを諦めるしかなくなってしまうんですよね…。

 

今回、このエラー地獄を解消する方法について、色々と試した結果を書いてみたいと思います。

いわゆる「おま環(おまえの環境だけ)」かも知れませんが、今のところ 100% うまくいっています。

結論をお急ぎの方は、 “recaptchaでエラーを回避する方法“(このページの回答部分に遷移します)をご覧ください。

reCAPTCHA(リキャプチャ)とは

まずはreCAPTCHAについてですが、歴史や技術的な話は色々あるようです。

が、あまりユーザーには関係がない話なので、詳しい話は Wikipedia に譲りましょう。

reCAPTCHA – Wikipedia

 

一言で言うと、サービス運営とBot開発者による戦いの歴史ですね。

ユーザーから見たreCAPTCHA

reCAPTCHAですが、ユーザーから見ると下のような画像が表示されます(これも表示されないパターンもあります)。

reCAPTCHAパーツ

 

どういう条件なのか分かりませんが、チェックボックスをクリックするだけで先に進めるパターンもあれば、その後に指定された画像を選択することで認証されるパターンがあるようですね。

画像を選択するパターンは、以下のようなモーダルが表示されます。

reCAPTCHAで指定された画像を選択

 

画像によっては、どこまで正確に選択すべきか迷いますが、迷うポイントは意外とアバウトでも問題なさそうな感じです。

微妙な選択箇所

 

恐らく、同じ画像で他の人が選択した割合も見ていて、100%に近い選択率の箇所を外さなければ、その微妙な判定部分をもってロボット認定されることはないのでしょう(恐らく)。

そのため、普通にやっていれば、選択間違いでボットと判定される心配は皆無だと思います。

本当に間違っていたら、別の画像でやり直しさせられますしね。

reCAPTCHAの代替手段がないと打ち手がない

下はNiceHashへのログイン画面ですが、追加認証の項目としてはreCAPTCHAしかないため、ここでエラーになると「ログインできない」ということになってしまいます。

NiceHashのログインエラー

 

こうなると、もう打ち手がない状態です。

画面をリロードしてやり直しても同じエラーばかり出る症状になり、もう抜け出せない(ログインできない)ので諦めて引き下がるしかなくなります…。

 

反対に、CAPTCHAのような代替手段が用意されていたら、素直にそちらを使うのも一つですね。

下の画像は昔ながらのCAPTCHAの例です。

Solove mediaのCAPTCHA

 

ただ、何と書いてあるか本気で分からないケースがあったり、何よりreCAPTCHAが無くしてくれた文字入力が必要となってしまいます。

難読なCAPTCHAの例

 

また、表示されるのは英単語がベースなので、分かる人は単語を推察することもできますが、英語アレルギーがあったりすると別の地獄にハマることに…。

やっぱり、reCAPTCHAを何とかしたいですね。

reCAPTCHAでエラーを回避する方法

それでは、本題のreCAPTCHAのエラーを回避する方法です。

色々と調べてみましたが、なかなか新しい情報が見当たらず、古い情報をもとに試してみたものはうまくいきませんでした。

 

そんな中で、唯一うまく言った方法が「Googleアカウントからログアウトする」です。

Googleアカウントからログアウト

 

利用環境しているに依存する可能性があるので、これが絶対的な解決策というわけではないと思いますが、私の場合は100%の確率で認証がうまくいくようになりました。

 

ログイン状態だとエラーとなり、ログアウトすると認証され、またログインしてチャレンジしてみるとエラーになります。

このことから再現性があると思われるので、やはりGoogleアカウントが悪さをしているのではないでしょうか。

複数サイトで試行して同じ結果が得られたので、私の中ではこれが「解決策」だと思っています。

Googleアカウントがログアウト状態になるChromeの「シークレットモード」も同じ効果が得られます。Internet Explorer・Edgeでは「InPrivateウィンドウ」です。

 

ただし、やむを得ないとはいえ、これは普通に面倒です。

 

普段からGmailを使っているため、Googleアカウントをログアウト状態のままにはしておけないので、reCPATCHAの認証が必要なときだけログアウトするようにしています。

開いたページとは別のタブ/ウィンドウで、Googleからログアウトすれば大丈夫です(ログアウトしてから、reCAPTCHAが表示されているページをリロードするようなことは必要ありません)。

以前のように便利な状態に戻るまでは、不便ながら我慢するしかなさそうですね。

 

これでも解決しない方のために、このほかに色々なサイトで提案されていた方法も書いておきます。

  1. Adblockのソフトを停止(ホワイトリスト追加)する
  2. Google関連のCookieを削除する
  3. ウイルス対策ソフトを停止する

 

私はうまくいかなかった方法なので無責任ではありますが、このような方法も書かれていたという程度に見ていただけれ良いと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がreCAPTCHAのエラーから解放される一助になれば幸いです。




Google reCAPTCHA