ポイントサイトのビットコイン交換レートを検証した結果まとめ

bitFlyer(ビットフライヤー)の企業ロゴ

 

ポイントサイトのポイント交換でビットコインを選べるサイトが増えてきました。こうやって、仮想通貨に触れる機会が増えるのは良い傾向ですね。

ただし、ポイントサイトの運営会社は「ビジネスの商機」を見て取り扱っているわけで、そんな手練手管に私たちは簡単に踊らされないようにしましょう。

 

これまで検証してきた通り、ポイントサイトは「ビットコインへのポイント交換手数料無料」をうたっています。

が、実際には買値と売値のスプレッドで換金額の一部が仮想通貨取引所の収益になっています。利用者からしたら「実質的な手数料」ですね。

そして、ポイントサイトによって、その実質的な手数料も異なっています。

ビットコインへのポイント交換手数料は無料!?

 

今回は、これまでのサイト別の手数料に関する検証結果について、それぞれの記事に書いた結果を比較表にまとめてみました。

ぜひ、BTCに交換するポイントサイト選びの参考にしてください。

ポイントサイトからのBTC交換手数料(レート)比較

まずは、対象となるポイントサイトの一覧と、比較する際の前提条件について簡単に触れておきたいと思います。

対象のポイントサイト

今回の比較対象は、過去に実際にポイント交換申請をして検証した下記ポ5つのポイントサイトです。

  • moppy(モッピー)
  • ハピタス
  • ちょびリッチ
  • PeX
  • Gポイント

 

現時点で、貯めたポイントをビットコインに交換できるサイトは網羅できていると思います。

前提条件

比較するBTC交換時の手数料は、全て「ポイント交換時の適用レート」と 同じ時間の「ビットコイン取引所の提示レート」からの乖離を基準にしています。全てのサイトで同じ条件です。

取引レート自体は全てbitFlyer(ビットフライヤー)のものを使っています。他の取引所はビットコインへのポイント交換に対応していないので、今のところBTCにポイント交換するにはビットフライヤーを使うしかありません(あとはcoincheckの再開待ちです)。

交換レートは検証時に適用されたレートから算出したもので、実際には交換時の相場変動(ボラティリティ)や注文状況などによって異なる可能性があります。

交換手数料のまとめ

それでは、実際に検証してきた結果のまとめです(交換手数料は % で示しています)。

サイト名交換手数料交換タイミング
 moppy(モッピー)0.8%リアルタイム
 Gポイント0.4%1週間以内
 ちょびリッチ2.5%リアルタイム
 ハピタス1.1%リアルタイム
 PeX1.6%リアルタイム

 

意外に好条件だったGポイント 0.4%を筆頭に、最も手数料の高かったちょびリッチ 2.5%まで各社マチマチな状況です。

Gポイントは手数料率が良いのは確かですが、ポイント交換自体はリアルタイムではありません。相場を見ながら機動的に交換するのには向いていませんね。

見るべきは手数料だけではありません

貯まったポイントをビットコインに交換する際の手数料も重要ですが、その前に必要な「ポイントが貯まること」も考えて利用するポイントサイトを選びましょう。

ポイントサイトでポイントを貯める方法は大きく分けて2パターンです。

  1. 商品購入や申込で貯めるアクションポイント
  2. アンケートやゲームなどで貯めるクリックポイント

 

2つめのクリックポイントだけで貯められるポイントは少ないため、複数のポイントサイトに登録しても労力・時間の無駄でしょう。サイトによっては1クリック0.1円や0.3円のため、そんなことに時間を浪費しますか?という話ですね。

登録するポイントサイトは、自分のスタイルに合わせて2-3サイトに絞るのが一番です。反対に1サイトに絞ってしまうと、目的の商品・サービスを取り扱ってなかったり、「もらえるポイントが多いほうを選ぶ」という選択ができないので機会損失を起こす可能性があります。

アクションもクリックもバランス良く貯めるなら

一日少しずつクリックポイントでも時間を使えて、購入・申込などのアクションでも貯めるのであれば、バランスのいい下記の2サイトをオススメします。ちょびリッチは 2pt = 1円 でクリックポイントの面で劣るので、時間を割くなら間違いなくモッピー優先です。

 

どちらもスマートフォンのメールアドレスも登録して、PCサイトとスマホサイトの両方を利用しましょう。

PC・スマホのどちらか単独で貯めるよりも、クリックポイントを貯めやすいです。最近ではスマホサイトのコンテンツを充実させてポイントを配っている印象もあります。

アクションだけで貯めるなら

購入・申込などのアクションを中心に貯めるのであれば、買いもの系では定番のハピタスが入ってきます。

 

ハピタスはクリック系のコンテンツが弱いですが、商品購入やサービス申込の還元率が全体的に高いので、アクションポイントでは安定的な人気を誇っているサイトです。

ビットコインへのポイント交換まとめ

これまで検証してきたとおり、ポイントサイトでビットコインにポイント交換する場合、「交換手数料0円」と書かれていても、仮想通貨取引所のスプレッドという「実質的な手数料」があります。

そして、それは使うポイントサイトによって異なり、最大6倍近く(0.4%と2.5%)にもなることが分かりました。

 

一方、その実質的な交換手数料だけ見ていてもダメで、ポイントサイトで「ポイントを貯める」という最も重要な点も考慮する必要があります。

ポイントサイトにかけられる時間や自分自身の性格もあるので、むやみにポイントサイトに登録するのではなく、「どうやってポイントを貯めるのか」によって使うポイントサイトを厳選しましょう。

きちんと頭を使って行動した人が、最後に果実を獲られるのに間違いないと思います。

 

それでも物ぐさな人は、間違いのないモッピーだけ登録して使ってください。何も考えなくても「損はしない」ことは間違いありません。

モッピーの公式サイト

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がビットコイン交換と、交換に向けたポイントサイト選びの参考になれば幸いです。




bitFlyer(ビットフライヤー)の企業ロゴ